FC2ブログ

金沢の素人のスケッチブック

個人的な移動~行動記録・・・かな?

事前講習

先月末、配管技能士の資格試験合格のための事前講習の手伝いをさせて頂きました。


今年は50数名の参加


ワタクシの現役の時は100名以上いたのですが職人さんが減ってきているのでしょうね。


新コロで解雇や雇止め等、社会問題になってますがこの業界で新入社員は宝なのですが入職者は少ないです(悲)


自分が携わって居るからかもしれませんが良い業界なのですがねぇ~。





試験の内容は電源なしで配管の作品を図面を読み取り原寸図の書き込み時間内に製作すると言うものです。


かなりの難度ですよ←オシラセ


「電源なしでの作業に試験内容も現在の工法とはかけ離れている」


という意見が有りますが、個人的には電源なしでライフラインを完成させられると言うのがミソなのです。


緊急な復旧には役に立つと思っています。


実際、新潟や東北の震災時に復旧工事に駆け付けましたが知識は手を動かしてくれましたよ。


復旧

手前味噌な話でスミマセン<(_ _)>




講習会はボランティアなのですが協会からお弁当はでます( `ー´)ノ


DSC_0122.jpg


安定の芝寿しさん


美味しかったです!


IMG_3993.jpg


初受験の方二度目ましての方、色々いましたが皆さんには合格してほしいものです。



ワタクシをこの歳まで食べさせてくれた業界に感謝して業界へのボランティアは出来る限り続けて行こうと思っています。



そんな講習な日なのでした。




















にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ





スポンサーサイト



  1. 2020/12/03(木) 05:00:00|
  2. ボランティア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

能登島一周ツー

2020/11/27

少し遡ります。


この日の午前中はやはり運転手と荷物持ち&家のつづくろい等々。


午後Go!しようと思いますが朝から寒くてどこまで行こうか。


と言うより。


乗らなくても良いかなぁ~


と言った感じだったでしょうか(*´Д`)


天気も良かったのと半日、家のつづくろい等したものですから親分が機嫌よく。


今日は天気がいいからバイク乗ってくれば。と。。。


ライドポイントをこんな日に使う事になりましたw





で、行先も決めないまま里山海道でも流して帰ろうと高松PKまで。


DSC_0164.jpg


天気は良かったのですがやっぱり寒い日で。


DSC_0165_20201201110956825.jpg


バイカーの姿はありませんでしたよ。


DSC_0162.jpg


時間は12:30頃だったでしょうか。


DSC_0166.jpg


こんないい天気ですもの皆さん昼食時間だったのでしょうね。


あ。ここでオシラセ。


DSC_0113_202012011110020eb.jpg


エネキー作ってみました。


カードを紛失させた前科持ちのワタクシには良いかも。です。。。


個人的なオシラセでしたw




里山海道を走りながら能登先端方面時間的に行けるだけ行ってみるか。


とも思いましたが途中、里山海道の分かれ道で七尾向けへと時短ライドを選んでました(笑)


ま。寒い日でしたからね。


能登島一周して帰ろうかと思いましたが「大宮神社」を思い出しまして。


お宮へ寄り~の一周で帰宅する事に。


DSC_0197.jpg


到着


DSC_0198_20201201113734585.jpg


ここのお宮の狛犬は素晴らしいですね。


DSC_0193_20201201113737b1e.jpg


何度見てもいいものです!


DSC_0199.jpg


獅子は自分の子供を渓に落として這い上がった子だけを育てるとか。


すごいですね~。


段々と過保護になる現代人には耳が痛い。


か。


時代錯誤も甚だしい話か???


二宮金次郎さんの銅像も撤去の時代ですものね。


時代の流れなのでしょうか。


DSC_0201_20201201113731c75.jpg


左側の子獅子は這い上がろうと。


右側の子獅子は途中で落ちてしまったのかひっくり返っています。


リアルですね~。


DSC_0209_20201201113730443.jpg



親獅子が子獅子が這い上がるのを見つめています。


此方も生きているようです。


ふとしたことからこの手の狛犬が関東方面にあると言う事を知りました。
ここの大宮神社の狛犬を奉納した方も関東の住所でしたが能登島出身の方なのでしょうかね。
千葉神社(渓落としの狛犬)←ココも一度行きたいです!


さ、帰宅向け。


帰り道はバイクだらけでした。


皆さん、これだけ晴れればソコソコの寒さでも走りますわね!


小WC休憩のみで一気に帰宅しましたよ。


DSC_0214.jpg


この日は4時間ライドで走行距離189km


「今日はこの位で勘弁してやろうか~!」って事で無事帰還な日曜日なのでしたw









にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ





  1. 2020/12/02(水) 04:00:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

師走のおついたちまいり

2020/12/01


しらやまさんのおついたちまいり





今月も健康でお参りできました。


感謝


ご祈祷時間まで待ちが有るので摂社末社さんに先にご挨拶します。


DSC_0216_20201201075348b22.jpg


DSC_0222.jpg


今日は雨模様でしたが月が綺麗でした。


DSC_0217_20201201075349a91.jpg


スマホじゃうまく撮れませんね。


神馬さんにもご挨拶


DSC_0226_202012010754015c8.jpg


ささ、拝殿へ向かいます。


DSC_0218.jpg


DSC_0219.jpg


DSC_0220_202012010753541bd.jpg


DSC_0221_20201201075355273.jpg


ご祈祷が終わり残りの摂社末社さんへご挨拶


DSC_0223.jpg


ご祈祷終了後も夜は明けていませんでした。


DSC_0224.jpg



帰宅


DSC_0231_20201201075404abc.jpg


今月の月次御幣さん


DSC_0233_202012010753471ed.jpg


所定の位置に鎮座して頂きます。


一年分そろいました。


年明けのどんとやきまでにお返ししてきます。


今年はあとひと月ありますが一年間有難うございました。




【今月の言葉】


DSC_0228_20201201075403248.jpg


神主さんの説明で「飢寒」とは反対の意味を捉えて飢えと寒さの反対は満腹と暖かい所を指すようです。


暖かい所で満腹では良いアイディアが生まれないとの事。


なるほどです。


「吾唯足知」我唯足るを知る(われただたるをしる)を思い出しました。






























にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ





  1. 2020/12/01(火) 09:00:00|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初物

先日、初物を頂きました。


年に一度の贅沢です( `ー´)ノ





水揚げされたものを直接送って頂いております。


毎年なので、このカニを食すまでマーケット等のカニは一切頂きません。


DSC_0151.jpg


う・う・うんまい、かったです!


と言っても味噌しか食べず実は親分に上納しましたw


加能ガニのタグ。


メルカリで1個300円で売られたいたとか。。。


何を考えているのでしょうかね~。


DSC_0160.jpg


そんな初物な日でした。














にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ






  1. 2020/11/30(月) 20:00:00|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

気になって・・・

2020/11/22


世の中、いい夫婦の日との事で夫婦水入らずで過ごしている日なのでしょうか。


この日は先週から気になっていた「斎藤別当実盛」についてちょっと確かめたく太多神社さんまで。





先週の写真


この銅像の木曽義仲が斎藤実盛の首を抱いている事を後で知る。


ただ天を仰いで悲しんでいる姿かと思っていましたが重みが有ります。


太多神社さんには実盛の実物の兜が奉納されているとネットで確認。


居ても経っても要られづ太多神社さんまでGo!


DSC_0088.jpg



といっても兜の見学は予約制と書いてあったのでお宮にだけでもとトコトコ。


DSC_0070_20201124074643fd9.jpg


着きました。


DSC_0063.jpg


で、境内を散策します。


DSC_0087_2020112407354758f.jpg


摂社末社さん


DSC_0084.jpg


も沢山鎮座されています。


DSC_0086.jpg


30分ほど散策したでしょうか。


DSC_0085.jpg


DSC_0082_202011240735397b6.jpg


DSC_0068.jpg


境内の落ち葉を掃除していたおじさんが「あんた、かぶとの人け~?」と一言。


わ)あぁ~ここは兜が奉納してあるそうですね。


お)見に来たがけ?


わ)み。み。みれるのですか!


お)総代に聞いてみようか?


わ)是非是非!


お)でんわ。。。


お)総代が今から来るって。


わ)あんやとです!


という事で、なんと!


実盛の兜保存会会長
太多神社神社総代
小松・能美神社総代会副会長

とまあ、凄い方がわざわざワタクシの為にやってきてくれました。感謝です。



で、宝物館に案内して頂きました。


実盛の兜


みますか?




みますか?
















じゃぁ~ん!



DSC_0079.jpg


※写真はレプリカです。


DSC_0078.jpg


いいものを見せて頂きました。


DSC_0075_20201124080922875.jpg


勿論、本物も見せて頂きました!


DSC_0080.jpg


元々は国宝だったのだそうですが戦後GHQにより日本の武具は国宝から外され色々な縛りが出来、現在は旧国宝扱いだとか。


色々難しそうでした。


DSC_0076_2020112407353273c.jpg


木曽義仲の本物の矢


重みがありましたね。


戦時中は金属を軍に没収されるので当時の宮司さんが油紙に包んで境内に埋めて隠したとか。


先人の苦労の賜物で宝物が残っているのでしょうね。


松尾芭蕉が見て俳句を詠んだ兜を見れるとはとても光栄です。


千年も前の物が未だに残っているとはすばらしいです!


本物の実盛の兜
※ネットで発見しました。(修復後)


本物は実に重々しかったですよ←オシラセ


総代さんから一通り説明を受けその後、ワタクシからの質問攻めです(笑)


実盛が何故、源氏から平家に鞍替えしたのか?


実盛は何故、源氏方の兜をかぶり平家軍として戦ったのか?


義仲の側室は実盛の娘ではなかったのか?


実盛が義仲の命の恩人とは何をして恩人だったのか?


実盛が越前から何故斎藤家に養子に貰われたのか?


平家軍の全てが逃げ独りで源勢に立ち向かった勇敢な武者に手塚氏が名を名乗れと言ったにもかかわらず名を名乗らなかった実盛、
名を名乗れば討たれずに済んだのに何故名を名乗らなかったのか?


等々・・・Q&Aを1時間半以上もさせて頂きました。


飛び込みにも関わらず、総代さん、貴重な時間を割いて頂き有難うございました<(_ _)>


お宮へ行ってとてもスッキリした気分でしたよ。


余談ですが、実盛を討った手塚光盛は手塚治のご先祖だったかも。との事でした。


兜見学は6割が関東から来られているそうです。


あとは歴女の皆さんとか奥の細道を追っている方達とか、色々歴史好きがいますね~。



何なんでしょうかねぇ~。


とっても気が晴れました。


で、帰宅向け。


DSC_0093.jpg


何時もの止り木に寄り寄りかえります。


DSC_0094.jpg


総代さんが小松市は勧進帳を押していますが斎藤実盛ももっと押してほしいな。


と言ってましたがホントそうですね!



DSC_0096_20201124073553e76.jpg


ここも止り木


DSC_0101_202011240735241bb.jpg


白山は曇り模様でしたがワタクシの気持ちは何となく晴れ晴れなひでした。



まだまだ発見やら何やら書きたかったのですが頭の中が纏まっていないのでこの辺で。



何時も殴り書きな文章ですが今回はとてつもなく殴り書きでした。が、最後まで呼んで頂き有難うございました。


























にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ






  1. 2020/11/24(火) 09:00:00|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

金沢の素人

Author:金沢の素人
金沢の素人のブログへようこそ!
個人的な日々つらつら・・・。

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

季節 (154)
寺社仏閣 (101)
バイク (208)
友人 (6)
家族 (43)
故郷 (31)
やぼよう (28)
ボランティア (14)
雑学 (34)
仕事 (36)
投稿 (2)
未分類 (35)
音楽 (6)
(怒) (2)
お酒 (16)
その他 (1)
日常 (3)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック